消費者金融と他の金融機関との違い

キャッシング初心者です。現在、借入を検討して、まずは貸金業者のことを勉強してから、と考えているのですが、ネットでいろいろ見ていても、情報量が多すぎて、根本的な部分がなんだかわからないままです。そこで、消費者金融について、ズバリ教えていただきたいのですが、この種の貸金業者は他の金融機関とどう違うのでしょうか?

最近の金融業界の変遷で違いはだんだんとボーダレス化

あなたが金融会社のことを勉強しておられて、消費者金融の実体がなんだかわからない、というお気持ちもわかります。なぜなら、以前良く知られていた消費者金融、例えば、レイクとか、プロミスといった会社が「銀行系」と呼ばれるようになっているからです。以前の会社名が、いまでは商品名、あるいはブランド名になってしまっているのです。

では、なんでこんなこと起きてきたのか、ということを理解しなければなりません。そもそも消費者金融は銀行から借りられない人の受け皿として生まれましたし、ずっとその機能を果たしてきました。そして、それぞれの金融機関は、異なる法律の規制を受けてきました。銀行は銀行法の規制を、消費者金融は貸金業法の規制です。

数年前に貸金業法が改正されたときに、1つの制度が導入されました。それは総量規制、つまり借入れることができる額が個人の年収の3分の1までに制限されるというものです。それによって貸金業者が貸し出すことができる金額に制限が設けられるようになりましたし、それに加えてグレーゾーン金利が撤廃され、消費者金融各社は過払い請求の嵐にさらされることになったわけです。

そこで銀行が考えたのは、そうした消費者金融を子会社化し、総量規制の束縛から解き放つことでした。それは銀行、消費者金融双方にとってメリットがあったわけです。そんなわけで、現在、かつての消費者金融の多くは、銀行「系」カードローンになっているというわけです。

もちろん、現在でも純粋な消費者金融はたくさんあります。それらは当然ながら、貸金業法の規制をうけ、貸し出すことができる金額に限界がある、ということになります。

消費者金融機関では信用情報で審査を行っている

消費者金融機関の信用情報について案内しているのですが、そもそも信用情報については信用情報機関を知っているのであれば、書類を郵送するような形式でも「自分で登録されている情報を開示できる」ようになっています。金融業者だけが開示していいものではなく、正確には「本人、本人から了承を得ているもの」というふうになっていますので、カードローンなどを消費者金融機関で契約すると開示されるようになっているのです。

また、人によっては「了承した覚えがない」という人がいますが、これは消費者金融機関で契約をされる際にカードローンについての契約書の約款に記載がされています。なので、契約をされている最中に契約のための信用情報の開示が行われているのです。また、街金以外の消費者金融・銀行でのカードローンでは、開示がされていると思っておいてよいでしょう。つまり、とある金融業者でカードローン契約ができなくなると芋づる式でダメになってしまうのです。

なぜ、いきなり複数のカードローン会社などでローン契約ができなくなってしまったのか?と思った際には、そう言えば消費者金融機関などは信用情報を開示することができたな・・・と思いだしてください。それと、銀行などの場合ではカードローンの契約が消費者金融機関で数件以上あると、貸出をするのを嫌がるようになっていますので注意してください。これについては、消費者金融では借りすぎている契約者もいますので、安全な貸出をするために人によっては貸さないように努めているだけです。

私はこんな理由で借りました!

即日融資のお陰で助かりました

急に引越しをする事になり、色々と物入りになってしまったんです。引越しってかなりお金がかかりますよね。

想定してた以上の出費があって、恥ずかしいんですけど生活費が足りなくなっちゃったんです。まさか親とか友達に借りる訳にもいかないし、参っちゃってたとこだったんです。

近頃のサラ金は、即日融資してくれるって言うじゃありませんか。自分でも借りられるかなって思って申し込んでみたら、本当に審査は早いし即日融資でした。結構困ってたので、助かっちゃいました。困った時は大手のサラ金だってみんなが言ってた理由がわかりました。何かあった時はまたお願いします。

審査あっという間でホッとした

いとこのお姉ちゃんが結婚するんで、お祝いを買おうと思います。リクエストを聞いたらホームベーカリーと言うことで、買うものは決まってるんですが、値段がピンキリで(汗)。でも大好きなお姉ちゃんなので、奮発して高いの買うつもりなんです。

でも私はまだ就職したてで、しかも一人暮らしなので貯金も無く、お金が足りない・・。それでカードローンのキャッシングを利用しようと申し込みました。審査とかって怖くてちょっとドキドキしましたが、思ったよりすぐに結果が出てホッとしました。

カードが届いたらコンビニのATMで引き出して、早速買いに行こうと思ってます。

キャッシングのおかげで親孝行できた

父親は仏教を信仰していてお葬式に関しても生前からこうして欲しいという希望を言っていました。父が元気だった頃は私も話半分に聞いていたのですがある日突然末期の肺がんということがわかりました。余命半年と言われていたのですが少し早く亡くなりました。

最後の親孝行は父の希望の葬式を出すことでしたが高額な葬式代は私の経済状態ではなかなか難しいことでした。そんなときキャッシングの存在を知りました。

審査が厳しいかもしれないと悩みましたが悩む必要なんて全くありませんでした。ネットで申し込み、審査も早く、他人に知られることもありませんでした。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【お勧め消費者金融機関リスト】誰にもバレずに借りれる会社一覧 All Rights Reserved.